ホーム お問い合せ サイトマップ

HuMAの活動
2018西日本豪雨災害被災者医療支援


二次隊 報告書と写真 

皆様の御支援何卒宜しくお願い致します。詳しくは左記メニュー「寄付のお願い」をご覧ください。
今回の派遣はHuMA自己資金で行っております。皆様のご協力を何卒宜しくお願い致します。Yahoo!のポイントやTポイントからもこちらからご寄付いただけます。

活動場所:岡山県倉敷市
派遣期間:2018年7月17日〜
派遣人数:医師延べ9名、看護師延べ3名、調整員延べ3名
派遣の目的:
(1)岡山県倉敷市真備町の避難所に避難している被災住民に対して、日中および夜間の診療活動等の医療行為を実施する。
(2)避難住民や災害対策本部から情報収集し、調整を行い、実際に必要である医療支援や医薬品を提供する。
07.22 会議、診療活を行いました。夜診中、テレビ局の取材が入りました。
07.21 会議、診療活動、夜診、近隣医療機関の視察を行いました。
07.20 今日も診療活動で大忙し。発災直後と比べると避難所の環境は少しずつ改善されていますが、まだまだ医療支援は必要とされています。
07.19 SEMAという民間の緊急災害対応アライアンスを利用して、必要な物資を届けて頂きました。
夜間診療は、トレーラーでだけでなく往診も行いました。避難者だけでなく、支援団体スタッフの診察も行いました。夜診のニーズは非常にあると思われます。
07.18 日中は薗小学校・吉備公民館薗分館で活動。トレーラーハウスでの夜間診療も好評です。
07.17 日中は薗小学校・吉備公民館薗分館で活動。本日からトレーラーハウスで夜間診療を始めました。
 HuMA Facebookでも報告を掲載しています


このページのTopへ
Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.