ホーム お問い合せ サイトマップ
 

HuMAの活動
2019台風19号被害に対する支援活動


報告書 

活動日:2019年11月8日
主な活動場所:長野県長野市
 

 

本日の活動概要 
災害ボランティア救護支援、物資の整理をおこなった。    

発災から約1か月が経過し、HuMAのミッションもボランティア救護対応だけでなく、住民に対する健康相談などが求められています。今後、保健センターや社会福祉協議会と連携を図りながら対応していく必要があります。今週、平日は1日約900人のボランティアが来ており、引き続き健康管理について注意喚起していただけるよう介入していきます。

【りんごサテライト】
本日はHuMAの派遣人数が2人と少人数であったため、津野サテライトを中心とした活動となりました。しかし前日、ボランティアを送り出す際の防護具の配布と防塵マスクの装着方法の指導、帰着時の手洗い・うがいを促す対応についてスタッフへ指導がなされていた為、(公社)青年海外協力協会(JOCA)の協力もあり、HuMAの介入なく前日同様に実践していただくことが出来ました。また外国人のボランティアの参加もあり、英語で説明したマスクの着用方法をポスターで掲示しました。りんごサテライトのスタッフの方は、本日の流れを報告してくださるなどコミュニケーションを大事にしてくださいます。今後も良好な関係を保っていければと思います。

【津野サテライト】
本日、津野サテライトのボランティア数は、226名(軽トラック20名含む)でした。傷病者は午前1名、午後1名の2名で、いずれも軽度の擦過傷や裂傷であり、消毒対応のみにとどまりました。 本日は朝の気温は7℃、最高気温が12℃とかなり冷え込んでおり、スタッフからも「今日は寒い」という声が上がっていました。マスクなどの着用の声掛けに加えて、カイロの配布も行い、各自の健康管理をしてもらうよう促しました。

サテライト内の資機材は乱雑に置かれており建物内は吹き抜けになっている為、資機材や机などには砂埃が被っており、衛生環境が保てていないと感じ環境整備を中心に活動しました。午前中は、ボランティアの送り出しをした後、床に置かれていた消毒・キッチンペーパー・マスクなどの衛生材料を段ボールの中に入れてステージ上に底上げし、砂がなるべくかからない様整理しました。また、水や踏み抜き防止用のインソール、マスク・軍手などがごみの袋の下に隠れて点在しており、在庫数の確認も出来ない状況であったため、置き場所を作り、整理しました。

津野サテライトはボランティアが昼食をとる場所にもなっているため、手洗い・うがいの指導を1日2回行っています。自動販売機やコンビニが近隣にないことで、追加の水分補給を希望される方も多くみられました。配給される500mlのペットボトルの水はすぐなくなり、在庫であった2Lの水を各自で汲んで頂き飲んでいたため、紙コップを多く使用しました。津野地区は防波堤が決壊した側の水没地域であり、泥や災害ごみなども多く、マスクやゴーグルは必須アイテムです。しかし、防塵マスクやゴーグルの着用が出来ていない方も多くみられ、水分や健康管理について資機材の調達、ボランティアへの事前準備指導や注意喚起などを含めた対応の検討をしていく必要があると思われます。また、食事をとる休憩スペースは吹き抜けになって砂埃が舞っている上に、ストーブは2基のみであり、今後さらに厳しい環境となることが予測されます。環境整備は今後も引き続き行っていきたいと思います。

津野サテライトでは、夜間作業する土木関係のボランティアがいるそうです。特に土曜日は多いとの情報があったため、一般ボランティアが帰還後、夜間作業者に向けて手洗い場を再度整えました。しかし照明器具の数は不十分であり、周辺も夜間は暗くなると思われ、うがい水の常設は誤飲のリスクにもなることがあるため、本日は設置しませんでした。今後、寒さがさらに厳しくなるので、夜間作業者の情報やニーズを調査し健康管理が出来る整備を行っていく必要があると思われます。

・・・・・
本日のボランティア参加者数は、約800名でした。床下の泥だしのニーズなどが増えており、消毒などの対応方法等周知していくとのことでした。明日あさっては土日でボランティア数も増える見込みとなっています。体調管理を行っていただけるよう引き続き注意喚起していきます。  

本日HuMA不在のりんごサテライトにて。うがいなどの準備・促しをJOCAさんが行ってくれた 外国人のボランティアに英語のポスターを準備

津野サテライト。手洗いの水を準備するHuMA医師 食事用のテーブルにすぐ埃がつもる
ボランティアを診察するHuMA医師 いつでも気軽に相談してください
砂埃がひどくマスクをしていても咳が出る。ゴーグルの横から砂も入る。そんな中頑張ってくれているボランティアさんたち 本日も瓦礫の間をこの自転車で
 HuMA Facebookでも報告を掲載しています    


Yahoo!募金はこちらから  

皆様の御支援宜しくお願い致します。
詳しくは左記メニュー「寄付のお願い」をご覧ください。

このページのTopへ
Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.