ホーム お問い合せ サイトマップ

HuMAの活動
2004イランバム地震復興支援

HuMA現地活動の速報

6月13日〜
 20日
第1班として鵜飼 卓(医師) 松下朋子(ロジスティック担当、建築士)がイランに派遣されました。
6月17日 鵜飼理事長 テヘラン市民協議会(バム駐在事務所)ダリジャニ氏との間でZone5ヘルスセンター新仮設診療所設置支援事業において合意覚書を交わしました
  イラン南東部地震医療復興プロジェクトが開始されます。
  イランバム地震保健医療復興支援募金のお願い。
7月21日 第2班として松下朋子(ロジスティック担当、建築士)と林晴実(看護師)の二人が日本を出発しました。
8月1日 第3班として弘中陽子(看護師)が日本を出発しました。
8月2日 バム市にてダリジャニ氏と用地に関する第二合意書交わし、用地が確定しました。
8月3日 イランバムの保健医療復興支援場所がZone5に確定しました。
8月5日 第4班として辻 修次(ロジスティック担当)が日本を出発しました。
8月8日 第2班の松下と林が帰国しました。
8月9日 仮設ハウス”コネックス(Connex)”の発注以来をポルタルキャラバン社に決定しました。
8月11日 ダリジャニ氏と新用地を視察。整地工事をイラン側で進めることを確認しました。
8月12日 第4陣として矢野和美(医師)と石井美恵子(看護師)が日本を出発しました。
  第1班 活動報告(林・松下)
8月16日 第3班の弘中が帰国しました。
8月19日 第4班の辻が帰国しました。
  第2班 活動報告(弘中・辻)
8月20日 整地工事開始。
8月22日 第6班として斉藤容子(ロジスティック)が日本を出発しました。
8月26日 第5班の矢野と石井が帰国しました。
9月15日 conexが無事到着しました。
9月20日 林晴実が再度イランへ出発しました。
9月21日 電気配線、水道配管工事が開始されました。
9月30日 松下朋子が再度イランへ入りました。
9月30日 新UHCのオープニングセレモニーが執り行われ、イラン保健省へ正式受け渡しが完了しました。
このページのTopへ
Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.