ホーム お問い合せ サイトマップ

HuMAの活動
2005スマトラ島沖地震・津波災害スリランカ緊急医療支援

このたびのスマトラ沖大地震・津波はインド洋一帯の各国に深刻な被害を生じさせました。当NPO災害人道医療支援会(HuMA)はスマトラ沖大地震・津波の被災地に対し、救援医療チームの派遣を決定しました。今回の災害に対して、当会メンバー26名が日本政府の国際緊急援助隊医療チームの隊員として被災地に派遣されました。が、発生から6週間あまりが経過し、被災地で必要とされる医療ニーズも変わりつつあります。HuMAでは、メンバーの活動経験を踏まえた上で、スリランカ・アンパーラ県において緊急援助から復旧への橋渡しの医療協力を行います。
派遣先: スリランカ アンパーラ県(地図参照)
期 間: 2005年1月13日〜2月20日 (状況次第で延長)
派遣予定スタッフ:
1. 島田 靖 医師(日本医大多摩永山病院)、中平 伸 医師(大阪大学病態制御外科学-第二外科) 1月13日 派遣
2. 石井美恵子 看護師(北里看護大学修士課程)、桜井睦子 看護師(HuMA登録看護師) 1月16日 派遣
3. 松阪正訓 医師(中河内救命救急センター) 1月22日 派遣
4. 打出啓二 医師(那智勝浦町立温泉病院)、中村雅彦 医師(兵庫県災害医療センター)、小野千由 看護師(兵庫県災害医療センター) 1月31日 派遣
5. 島田靖(医師)、赤尾弥香(医師)、林晴実(看護師) 2月7日 派遣
このたびのスマトラ沖大地震・津波はインド洋一帯の各国に深刻な被害を生じさせました。日本政府は国際緊急援助隊医療チームをスリランカ、モルディブ、タイ、インドネシアの各国に派遣しましたが、モルディブとタイからはすでに撤退しました。スリランカとインドネシアには医療チーム二次隊が派遣されましたが、すでに活動を終了しました。
スリランカでの国際緊急援助隊医療チームが活動していたサイトはHuMAがノースウェストメディカルチームと共同で診療活動を引き継いでおります。現地からの情報によりますと、急性期が過ぎたものの、スリランカのアンパーラ県カルモネイ地区では、依然として医療体制は回復してはおらず、避難所付近ではまだ医療ニーズがある様子です。HuMAはジャパンプラットフォームからの助成金と自己資金により、今後も診療活動を継続するとともに、感染症の臨床疫学調査を実施します。また、疫学調査結果は現地に報告し、現地での感染症予防対策に役立てるようにします。

スリランカ津波災害緊急医療支援活動寄付金の御礼

スリランカ津波災害緊急医療支援活動への募金にご協力頂きまして誠にありがとうございました。
1月から3月末日までに合計¥2,843,336のご寄付を賜りました。皆様のご支援に心より御礼申し上げます。

速報

Mar,26 鵜飼理事長と藤井(ロジスティック)が、本日帰国しました。
Mar,20 鵜飼理事長と藤井(ロジスティック)が、心電計の供与と住友化学提供の蚊帳の配布のためスリランカに出発した。
Feb,21 本日、島田靖(医師)、赤尾弥香(医師)、林晴実(看護師)が無事帰国しました。
Feb,12 本日正午に、中村医師、打出医師、小野看護師3名が無事帰国しました。
Feb,10 1月16日から約4週間派遣されてました石井美恵子看護師が帰国しました。
Feb,8 JMTDRから引き継いだSainthamaruthuエリアでの診療活動は終了となりました。
  島田靖(医師)、赤尾弥香(医師)、林晴実(看護師)がアンパラに入り、チームと合流しました。
Feb,6 松阪正訓(医師)、桜井睦子(看護師)が帰国しました。
Feb,1 打出医師らがアンパラに入りました。
Jan,31 打出啓二 医師(那智勝浦町立温泉病院)、中村雅彦 医師(兵庫県災害医療センター)、小野看千由 看護師(兵庫県災害医療センター)が派遣されました。
Jan,29 島田靖(医師)、中平伸(医師)が帰国しました。
Jan,26 今後は、米国NGOのNorth West Medical Teamと共同で海岸線近くに2ヶ所巡回診療所を設置し、診療を行う予定です。
Jan,25 キャンプ内の患者は少なく、ほとんどの患者さんが近隣や遠くから来ており、キャンプ内のニーズが大分下がったことから25日をもってキャンプ診療所を閉鎖しました。
Jan,24 Kalmunaiの小学校にて診療を行い、60名の患者を診察。
Jan,23 診療日: 1/21の振替診療を行い、80名の患者を診察。
Jan,22 巡回診療日:Kalmunaiの小学校にて再診。現在30名程の患者を診療。午前中は、國井先生、冨尾先生も診療に参加しました。
松阪正訓 医師(大阪府立中河内救命救急センター)をスリランカに派遣しました。
Jan,21 祭日:現地のお祭りの日のため休診。
Sainthamarathu周辺の医療ニーズ、生活環境調査を実施しました。
Jan,20 調査日:近隣の被害調査、巡回診療の準備しました。
Jan,19 診療日:朝9時半〜夕方5時まで診療。100名強の患者さんを診療しました。
Jan,18 巡回診療日:Kalmunai地方のアルハンブラ(町の名前)にある小学校を訪問。現在避難民150名程が生活を営 んでいる。患者38名を診療。主に、風邪、不安、皮膚疾患の患者を多く認めました。
夕方、石井・桜井・國井先生以外のメンバー4名がアンパーラ到着しました。
Jan,17 診療開始:87名を診療しました。
Jan,16 石井美恵子 看護師(北里看護大学修士課程)、桜井睦子 看護師(HuMA登録看護師)をスリランカ・アンパーラに派遣しました。
Jan,13 島田 靖 医師(日本医大多摩永山病院)、中平 伸 医師(大阪大学病態制御外科学-第二外科)をスリランカ・アンパーラに派遣しました。
Jan, 6 HuMAではスリランカに対して援助チームを派遣することを決定しました。JICA緊急援助隊による診療活動のフォローアップ、感染症対策などの公衆衛生活動を展開する予定です。
Jan. 5 現在までに、JICA国際緊急援助隊医療チームはスリランカ、インドネシア、タイ、モルジブの4カ国に6チームが派遣されています。これらすべてのチームにHuMA会員が参加しています。HuMAではこれらの会員、JICA緊急援助隊事務局と協力して情報収集を行っています。
このページのTopへ
Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.