HOME ホーム お問い合せ サイトマップ

HuMAの活動
2011トルコ東部地震被災者支援のための初動調査
TURKEY EARTHQUAKE

2011年トルコ東部地震
 2011年10月23日午後、トルコ東部ワンでマグニチュード7.2の地震によって、ワン周辺など複数の街で建物が倒壊し甚大な被害が発生しました。現地の報道では500人〜1000人の死者が出ている可能性があると報じられています。
 HuMAはジャパン・プラットフォーム(JPF)の支援を受け、2011年10月30日から11月6日の8日間、初動チームを派遣します。 この地震の被害による住民の生活環境、公衆衛生の状況、また地震により倒壊した地域の医療施設の状況、機能している医療施設での医療活動の状況等を調査し、今後の支援についての計画を立案します。

 初動調査においてトルコ政府派遣による医師、看護師等医療支援活動が被災地ワン周辺で充分に機能していることが判明し、先遣隊の最終判断と常任理事の決断により今回の本隊医療支援は行わないことに決定しました。 先遣隊は調査だけでなく、避難テント暮らしの被災者の中に子供の熱傷が多発しているという情報からその原因を推定、テントでの熱傷を予防するためにやかんの火を取り扱う際の注意換気ポスターを現地で作り 各主要キャンプサイトに掲示してもらうよう災害対策本部に渡し、現地で大変喜ばれました。

速報と写真 /Reports and Photo

先遣隊 Assessment Team (October30 - November6)
                      
このページのTopへ
Copyright 2003 Humanitarian Medical Assistance all right reserved.